忍者ブログ

2017
12
12

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/12 (Tue.)

2010
09
22

PV撮影のスタイルについて

こんなコピペがあります。

良い子の諸君! よく頭のおかしいライターやクリエイター気取りのバカが
「誰もやらなかった事に挑戦する」とほざくが
大抵それは「先人が思いついたけどあえてやらなかった」ことだ。
王道が何故面白いか理解できない人間に面白い話は作れないぞ!

俺はこの言葉が大好きです。でもPV撮影をするときには反発するよう努めてます。
俺の撮影スタイルは王道から外れてる気がします。
外れてると理解してるだけマシだと思いたいですけど。
そして少なくとも「見た事ない」構成を思いついて「これいいんじゃね?」とか
思うことが結構あります。そんなときに
「既出かも」
「先人が思いついたけどあえてやらなかったことかも」
という二種類の気がかりが出てくるわけです。
前者については「個性は投げ捨てるもの」だと割り切れば問題ないんですが
後者が問題で、ドヤ顔で出した構成が「やらかしちゃった」
とか思われたら恥ずかしいしってのがあってビクビクもんです。
そこで「あえてやらなかったこと」だろうと「誰もやらなかった事」には違いないから
出しちゃえと開き直るわけです。
成果を求められるプロの世界ではないからこそ出来ることだと思いますけどね。

補足しますが、「見た事ない」のは「技術」ではなく「構成」です。
たとえば「カットイン」という技術が既出なのは火を見るより明らかですが
「俺がカットインを入れた場所に俺より先にカットインを入れた人がいるかどうか」
ということをこの記事では問題にしています。フェード等についても同様です。
もちろん俺は他の人のPVをパクリスペクトすることに抵抗がないので
猿真似することもありますし、そういう場合は不安にはならないです。

まとめると、使用している技術が既出であっても
使いどころを工夫することで新鮮味のあるPVが作れるんじゃないかってことです。
別に新鮮だからいいとも思いませんけどね。見たいもの撮るだけなんで。

拍手[0回]

PR

2010/09/22 (Wed.) Trackback(0) Comment(0) PV関連

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback for this entry:

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

最新コメント

[03/17 匿名希望のつまお]
[03/17 NONAME]
[03/17 黒ななか]
[03/15 どっかのDOAプレイヤー]
[03/14 どっかのDOAプレイヤー]

最新トラックバック

アーカイブ

リンク

ブログ内検索

カウンター

プロフィール

HN:
イマジンP
性別:
男性
趣味:
妄想

マイリスト

RSS

バーコード

最新記事

最古記事

アクセス解析